人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で一瞬で分かるのは、人は会話をするとき表情、視線、身振り、姿勢などに感情が表れるからです

Menu ▼
このサイトの項目一覧表
見た目で分かるのトップページ

口説きは正面よりも並んで座るのが恋愛テクニック



「今日は口説いてやろう」と意気込むのなら、レストランで食事をした後は、できるだけカウンター席しかないバーやスナックに誘ってみましょう。

もしボックス席とカウンター席があるバーに入ってしまったら、迷わずカウンター席に座るべきです。

お互いがボックス席に座って正面同士になってしまったら、たしかに相手の顔は正面で見えて表情もしっかり分かりますので、会話するのには良いかもしれませんが、恋を語らうにはちょっと難しい距離間があります。

これは距離間だけでなく、正面で座るのは、方位からいっても正反対の位置になる関係上、どうしても敵対関係になりやすいこともあるのです。

ですから、相手を口説こうと思えば、相手の目を見て話したいなどと考えず、なるべく相手と身体が接近できる位置を確保するのです。

人は誰でもなわばり意識をもっており、それ以上近づくと警戒するようになります。

たとえば空いた電車の席で、人は決して片側から順に詰めては座りません。ひとりが端に座れば、もうひとりは反対側の端に、そして三人目は二人から離れて真ん中に座るようになりますが、この心境と同じです。

カウンターで体を寄せ合って座るということは、お互いのテリトリーに侵入しあうから警戒心をもつようになり、いやでも相手の存在を意識しないわけにはいきません。

とくに並んで座るような場合の位置関係は、一般的には恋人関係にしか許せないほどの近接したものであり、あえて恋人関係の距離を作ってしまうのです。

言葉より先に、恋人関係の距離を作ってしまえば、口説く行為が自然と受け入れやすくなり、とくに憎からず思われていれば、口説きの効果が大いに発揮されるということです。

それと大切なことは、並んで座るといっても座り方が大切で、男性が椅子に腰をかけたら、女性を右側の椅子に座らせることです。つまり、男性が左、女性が右になるということです。


なぜ、このように座ったほうが、口説きに効果があるのかといえば、男性が女性の耳元で愛をささやく場合、どうしても女性の左側の耳に語りかけるように自然になるはずです。

左側の耳は、右脳が支配しているものであり、右脳は本能や感情、あるいは情緒的なことを司っていますので、恋を語らうには理屈で考えさせるよりも、女性の本能にムードで訴えかけるほうが効果が大きいからです。







大人のための血液型診断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で分かる All rights reserved.