人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で一瞬で分かるのは、人は会話をするとき表情、視線、身振り、姿勢などに感情が表れるからです

Menu ▼
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック

相手の心理状態は声のトーンに表れる


一般的に、人の第一印象は話し方やトーンに表れるもので、自信を持って話す人、あるいは、こわごわと話す人など、自然と話しぶりに出てくるもので、自信のある人は自然と大きな声となり、自信のない人は自然と声のトーンが小さくなるものです。



これと同じで、人はその場に置かれた状況でも声のトーンが変化するもので、魅力を感じる相手を前にすると、男女を問わず、声のトーンが高くなります。

また、声のトーンが上がる以外にも、好きな人を前にすると、声が大きくなったり、話すスピードが急に速くなったりする人もいます。

人は、感情が高ぶって興奮してくると、声のトーンが高くなりますが、これは好きな相手を前にすると緊張してしまうことにあると思われます。それと同時に無意識のうちに相手にアピールしたいという気持ちが働いてしまうことも理由のひとつに上げられるでしょう。

感情が声に表れるのは、別に男女間のことには限りません。

たとえば、仕事でかける電話とプライベートでかける電話では、声のトーンが無意識のうちに変わる人も少なくありませんが、これは仕事をするときの気持ちとプライベートなときの気持ちが無意識のうちに切り替わっているからです。



そういう意味では、人の声は、そのときどきの精神状態に支配されており、本心が声に表れることは不可避なのです。

@ 声のトーンが高くなる場合
一般的に興奮してヒステリックになると声のトーンが高くなるように、ふだんから声が高い人は、わがままで自己主張の強く興奮しやすいタイプです。

A 声のトーンが低く強くなる場合
冷静さを装っていても、プライドを傷つけられたり、恥をかかせられたりしたときに、声のトーンは低く強くなって、怒りを感じているときです。怒りが極度に達すると興奮状態となって、急に声のトーンが高くなります。

B 声に落ち着きがありトーンが少し低くなる場合
精神状態が安定しており、ものごとを冷静に判断できる状態で、自制心も強いです。
ふだんからこういう話し方をする人は、理性的で賢い人が多いです。

C 声のトーンに変化がない場合
精神が落ち着いている状態ですが、どんなシーンでも声のトーンにほとんど変化のない人は、喜怒哀楽が少なく、冷徹さが潜んでいます。








大人のための血液型診断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で分かる All rights reserved.