人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で一瞬で分かるのは、人は会話をするとき表情、視線、身振り、姿勢などに感情が表れるからです

Menu ▼
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック

人の説得には食事に誘うのが一番


ある実験によると、商談などをするときに、交渉相手とおいしい食事をしながら、雑談交じりで交渉をすると、まったく何も食べないで交渉するよりも、話のまとまる公算が高くなったということです。




おいしい食事をしているときには、心も体もリラックスして気持ちよい気分になり、自然とうれしくなるものです。そんなとき、「この人といるから楽しいのだ!」と好意を持ちやすくなります。

この食事を利用して好感度を高めるこの方法は、「ランチョン・テクニック」と呼ばれ、政治やビジネスの世界では、昼食を共にしながら、話し合いをスムーズに進める方法がよくとられています。

食べることで得られた心地よい気持ちは、一緒にいた人やその場で交わした会話もあわせて、良かったものと記憶されます。また、食事中に聞いた話は、詳細に記憶されるのではなく、ぼんやりと全体的にポジティブな印象として残ることも特徴的です。話の内容よりも、「一緒に食事をした」ということが、好意的な記憶として残るのです。

ですから、難しい交渉や依頼をするときには、ランチやディナーをセッティングするのは理にかなっているのです。



ほかにも、飲み食いが説得に役立つ理由はいくつかあります。このタイミングで話をすると、じっくり最後まで話を聞いてもらえます。

また、飲食中は話しにくいので、とっさに反論しにくくなる、ということもあります。口の中に食べものが入っているときを見計らって話すと、一方的に意見を言いやすくなります。


とにかく大切なのは、相手にとって心地よい環境をつくることです。

また、日ごろから職場の人とランチを一緒にとったり、おもしろいためになる話に興じたりするなどして、「心地いい!」という体験をつくっておくことも大切です。

あなたと話していることが「心地よい環境」になれば、どんな人でも必ず説得できるようになるでしょう。

もし、あなたが彼を初めてデートに誘うのなら、「一緒にショッピングに行こう」と誘うよりも、「気になるお店があるから、一緒に食べに行こう」と誘ったほうが、相手も気軽にOKをしてくれるでしょう。

「おいしい」と「楽しい」を共有できれば、あなたとの時間がすてきなものとして記憶されます。さまざまな場面で使えますので、まずはおいしいお店をたくさん探してみるといいでしょう。








大人のための血液型診断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で分かる All rights reserved.