人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で一瞬で分かるのは、人は会話をするとき表情、視線、身振り、姿勢などに感情が表れるからです

Menu ▼
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック
人の心は表情・しぐさの見た目で分かる
人間は生来、人の心を読む心理学の達人
人の心や感情は無意識の動作に表れる
人の心は心理操作で動かすことができる
好かれる人は心理操作がうまい
異性のしぐさで愛のサインを見落とすな
異性の心を見た目と言動で読み解こう
男と女の心をつかむ恋愛心理テクニック

人の心はちょっとした言い間違いや声のトーンで分かる


@ ちょっとした「言い間違い」には、別の気持ちが潜んでいる


私たちは日常生活でのなかで、言おうとしていることを間違って言ってしまったり、本を読んでいても、読み違ってしまったり、あるいは聞き間違いをすることが、ときおりないでしょうか。
精神分析学者の創始者であるフロイトは、これらを「錯誤行為」と呼んでいます。



言い間違いや勘違いといったちょっとしたミスは誰にでもあるものですが、そのミスは、フロイトによれば、それは不注意や偶然ではなく、潜在意識としてその人の本音や願望が隠れていることがあると考えたようです。

たとえば、合コンで名前を呼び間違えられたなら、相手は「早く別の人と話がしたい」と焦れているのかもしれません。

仕事で、打ち合わせの日取りを間違えるのは、内心相手に会いたくないと思っているからです。必要な書類を忘れたりするのも、仕事を面倒に感じる気持ちが作用しています。

たかが、ちょっとしたミスでも、そこに知られたくない自分の本音が見えてしまうのですから、いい間違いや聞き間違いには十分注意しましょう。


A ちょっとした声のトーンや抑揚で本音が伝わる

顔を見て話せば、本音は全体の雰囲気と声でそれとなく分かりますが、電話の声だけでも十分わかることがあり、とくに恐怖や怒りの感情は、顔が見えなくても声だけで伝わりやすいのです。



一方、喜びや驚き、不快感は声だけでは伝わりにくいので、顔を合わせて言葉ではっきり伝えるほうが賢明でしょう。

また、話し手に不安があるときは、話し方でだいたい見抜くことができます。
人は不安感が強くなると、意味の通じない会話やいい間違いが多くなったり、黙り込む回数が増え、沈黙の時間が長くなり、声がうわずってきます。

頭が混乱して、考える時間をとろうとするために「あのう、そのう」といった言葉も増えてきます。
相手がこのような様子を見せたら、雑談などしてから落ち着いて話ができるように配慮してあげましょう。

ですから、自分の不安を相手に見抜かれないためには、話し方に注意を払うことも必要です。








大人のための血液型診断
好きな女性を口説く方法と口説き方
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
男を落とす恋愛テクニック
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病の予防と睡眠による疲労ストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方


Copyright (C)2015. 人の心(性格・本音・深層心理)は見た目で分かる All rights reserved.